派遣型回春エステと店舗型回春エステ

派遣型の回春エステは自宅、ホテル、レンタルルームなど指定した場所へエステティシャンを配達してくれます。

店舗型の回春エステは雑居ビル内やマンション内の一室などで営業しているマッサージ店です。

同じ回春エステですが、そのサービス内容は大きく異なります。どれぞれの特徴をまとめました。

派遣型回春エステの特徴

派遣型回春エステのほとんどは風営法の申請を行っているお店なので、性的なサービスが中心のマッサージとなりデリヘルに似ているのが特徴です。

マッサージを全裸で行うコース、セクシーランジェリーで行うコース、または着衣のままで行うコースなどがあり、ヘルス寄りのサービスを好む場合と、マッサージ寄りのサービスを好む場合でもどちらも対応できるお店が多いのです。

よってコース時間の長短によっては混浴を楽しめる場合もあります。また一緒にシャワーを浴びて身体を洗い流してくれる場合もあります。逆にエステティシャンが到着する前にシャワーなどを済ませておくように指示される場合もあります。

サービスの内容は指圧からオイル、そして回春マッサージの流れです。回春マッサージはM性感の内容に近い恥辱的なサービスを受けることも可能です。 また風俗エステですので、キスやフェラ、素股に顔面騎乗などのサービスがあるお店がほとんどです。 最終的には手コキ、素股、フェラなどでフィニッシュさせてくれます。

店舗型回春エステの特徴

店舗型回春エステは路面に看板が出ていたりするので、比較的見つけやすいです。

店内はパーティションで区切られた部屋、マンションであれば個室となっていることが多いです。

店内にはヒーリング音楽、アロマの香りが漂い、少し照明が落としてあり、癒しの効果を最大限に高めてくれます。

受付でコースの選択をすると、部屋へ案内されます。そこでエステティシャンとご対面となります。

最近は洗体があるお店が多く、まず女の子に泡洗体で身体を綺麗にしてもらいます。 洗体が無い場合でもシャワーを浴びる際、女の子が一緒に入って立ち洗体するお店もあります。 店舗型回春エステは風俗エステではありませんので、洗体、シャワーで女の子は着衣となります。

サービスの内容は指圧からオイル、パウダーそして回春マッサージの流れです。回春マッサージは密着マッサージ、リンパマッサージ、睾丸マッサージなど、鼠径部を中心に行われますが、抜きのサービスはありません。 ただ常連であったり、女の子との相性もありますので、スペシャルなサービスをしてくれる場合もあります。

派遣型、店舗型のメリット

派遣型回春エステと店舗型回春エステにはそれぞれメリットがあります。

例えば、仕事終わり、自宅、ホテルでのんびりマッサージを受けたくなった時には派遣型が便利です。繁華街に行く手間も省けます。 深夜であればなおさらです。派遣型は24時間営業のお店も多くあります。明け方まで営業しているお店がほとんどです。 マッサージが終わると疲労感がどっと出るものです。そのまま就寝できるのも派遣型のメリットと言えるでしょう。

但しビジネスホテルによっては派遣不可の場合もあります。また自宅には呼びたくない人も多いと思います。

そんな場合は店舗型がお勧めです、店舗型はそもそもホテル代が掛かりませんので、コスパにも優れています。 また夕方の18時くらいまでは割引料金でサービスを受けれる店舗が多く、更にコスパが良くなります。

ページの先頭へ